HOME>アーカイブ>オフィスの賃料相場やオフィスを選ぶコツについて
オフィス

名駅エリアの賃料が高めです

名古屋にはレンタルオフィスの物件が数多くあり、新しいオフィスとして借りることを検討している人もいるでしょう。ただ、レンタルオフィス選びで気になることといえば、やはりその賃料かもしれません。何故なら、オフィスの賃料はそのまま固定費となるからです。事業を収益を出すためには、いかにして固定費を抑えるかがポイントとなりますが、できるだけオフィスの賃料を抑えることが課題となります。オフィスの賃料には、立地・面積・ビルの築年数など、様々な要素が絡んできます。名古屋の中でも、中心部となる名駅周辺の地価が上がっているため、賃料相場もこのエリアが高くなる傾向です。ある調査によれば名駅エリアの坪単価は10,000円を超えているようです。参考までにオフィス街である伏見・丸の内エリアは坪単価は約9,000円と少し低くなっています。さらに官公庁からやや離れた矢場町や大須エリアの坪単価は約7,500円前後です。このように同じ名古屋でもエリアにより、賃料が変わることは知っておくと良いです。

ニーズを見たオフィスかどうか

名古屋には名駅周辺や伏見・丸の内エリアなど、様々な場所にレンタルオフィスがあります。一方、新たに事業を開始したり、事業所を移転させたりする目的でレンタルオフィスを借りたい人達も少なくありません。数多くある名古屋のレンタルオフィスの中で、どこが自分たちに合っているのか悩んでいる人も多いでしょう。レンタルオフィス選びで重要なポイントは、必要とするオフィスサービスが全て満たされているかです。事業者によっては法人登記を希望したり、いつでも利用できる会議室が欲しかったりと、様々なニーズがあるでしょう。たくさんあるニーズを全て満たすことは難しくても、優先順位が高いものが対応されているオフィスを借りることで、ストレスなく事業を続けられます。業者が提供するサービスレベルが、自分たちとマッチしているかをしっかりチェックすると良いです。